HOME » 子供の発達障害の治療・療育 » ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリンの脳への効果や働き、ホスファチジルセリンとDHAを摂取できるナチュレサプリを紹介しています。

ホスファチジルセリンとは

ホスファチジルセリン(PS)とは、動物と植物の細胞膜に含まれるリン脂質の1種。人間の身体は60兆個もの細胞からできていますが、そのすべての細胞にホスファチジルセリンは存在しています。あまり聞きなれない物質ですが、たんぱく質とともに細胞膜を構成している重要なものなのです。

ホスファチジルセリンが発見されたのは、1941年のアメリカ。生化学者フォルシュによって牛の脳から抽出され、記憶障害の回復作用・認知症の改善作用などが報告されています。摂取による副作用の報告は現時点ではされていません。

ホスファチジルセリンの働きや脳への効果

人体の中で、ホスファチジルセリンが最も多く存在しているのは脳です。とくに神経組織に集中しており、脳のリン脂質の約18パーセントを占めているのがホスファチジルセリン。脳内の情報伝達・血流改善に対して重要な働きをしており、脳の栄養素とも呼ばれています。

十分な量のホスファチジルセリンが脳に存在することで、脳細胞内外の物質の流れがスムーズになり、老廃物が排出されて新陳代謝が活性化。脳細胞の働きも活発になり、アルツハイマーや認知症・記憶障害・集中力・記憶力・判断力・注意力などの機能アップに有効です。その他に、無気力・不眠・不安感などうつ症状の改善、落ち着きのなさや感情的な行動の緩和にも期待が持てます。

症状の回復事例

ライザー(アメリカ)の報告。ADHDの小児に対してホスファチジルセリンを4ヵ月投与したところ、小児たちに見られた破壊的な行動パターンに対して鎮静的な効果が示されたとのこと。また、集中力・注意力の広がりや記憶の保持、うつ・不安などの精神状態の改善にも効果があったとのことです。

ホスファチジルセリンを効率よく摂取できるサプリ

ホスファチジルセリンは大豆に含まれていますが、その含有量はごく微量。脳機能の活性化を目指すなら1日100~200mgの摂取が必要ですが、これには大豆を1000粒以上食べる必要があります。十分な量のホスファチジルセリンを摂取するには、サプリメントの利用が現実的と言えるでしょう。

商品名 DHA&EPA&ホスファチジルセリン&レシチン ホスファチジルセリン_DHA&EPA&ホスファチジルセリン&レシチン

公式HPはこちら

販売元 ナチュレサプリメント
内容量・価格 5,524円/90粒
主な成分 ホスファチジルセリン・DHA・EPA・レシチン
特徴 1日あたりの摂取目安量3粒の中に、ホスファチジルセリン120㎎を含有。その他にも、ホスファチジルセリンと相性のよいDHA・EPA・レシチンを含んでいます。成分の酸化を防ぐための窒素充填ハードカプセル仕様、さらに酸化防止としてビタミンEも配合しています。
口コミ なし

【免責事項】当サイトの掲載情報は2016年4月時点のものです。詳しいサプリメント情報を知りたい方は、各HPにてご確認ください。

PAGE TOP