HOME » 子供の発達障害の治療・療育 » 栄養療法

栄養療法

栄養療法とはどのような治療法か、発達障害に対してどんな効果が期待できるのか、知っておきたい情報をまとめました。

栄養療法とは

栄養療法とは、身体に不足している栄養素を補うことで、人間が本来持っている自然治癒力・生体機能のバランスを回復する治療法のこと。現代医学で根本治療が確立されていない慢性疾患などへの効果が期待されており、積極的な治療法の1つとして考えられています。

人間の身体を構成する約60兆個の細胞は、たんぱく質・糖質・脂質・ミネラル・ビタミンといった5つの栄養素によってつくられています。このバランスが崩れると身体のさまざまな部分にトラブルが起こり、障害を引き起こすと考えられているのです。こういった場合、栄養療法では1人1人の栄養状態をチェックし(問診・血液検査・毛髪検査など)、不足している栄養素を特定。十分な栄養を補給することで、症状の改善・回復を目指していきます。

発達障害に効果的な栄養素とサプリメント紹介

栄養バランスの崩れは、脳機能の発達や機能にも大きな影響をもたらします。明確な治療法が確立されていない発達障害においても、栄養療法は有効。子どもの発達障害に対する栄養療法では、脳にとって必要な栄養素をしっかり補給することが何よりも大切と考えます。

しかし、普段の食生活から、必要な栄養素を補給するのは難しいもの。ここでは、効率よく摂ることができるサプリメントも合わせて紹介していますので、参考にしてみてはいかがでしょう。

糖鎖

糖鎖(とうさ)とは、8種類の単糖がグリコシド結合によって鎖状に繋がり合った化合物。すべての細胞の表面に存在するもので脳の情報伝達をスムーズにする働きがあり、物事を理解する力を向上させる効果があります。その他にも、身体に必要な栄養素を選別して各細胞に送ったり、免疫力をアップする効果もありますので、優先して摂りたい栄養素の一つです。

栄養療法_HBCフナト_TOSA
引用元:HBCフナト公式HP
(http://hbcfunato.jp/product/a015.html)

公式HPはこちら>>

商品名(販売元) TOSA(HBCフナト)
価格・内容量 10,000円(税抜)・48包
特徴 クリニックとの共同開発で生まれ、実際に医療機関でも処方されているメディカルサプリ。TOSAを飲んだ発達障害の子どもが2週間で言葉が出るようになったなど、確かな実績を持っています。子どもでも摂取しやすい生ゼリータイプは、リンゴ味で食べやすいと評判。

糖鎖の詳細はこちら>>

レシチン

レシチンとは、人体を構成する約60兆個の細胞膜を構成する主要成分。脳の情報伝達に必要なアセチルコリンの材料であり、記憶力や学習能力といった機能を高める成分として重要な役割を担っています。脳機能を保持するには、十分なレシチンを摂ることが大切です。

発達障害の改善に役立つサプリ・アルファベスト
引用元:HBCフナト公式HP
(http://hbcfunato.jp/product/a001.html)

公式HPはこちら>>

商品名(販売元) アルファベスト(HBCフナト)
価格・内容量 8,000円(税抜)・96粒(グミタイプ)
特徴 アルファベストは、脳の情報伝達機能やホルモン分泌の調節に役立つ世界初の脳の体質改善サプリメント。K・リゾレシチンを主成分に、脳機能の保全に必要なホスファチジルセリン・DHA・各種ビタミン・ブドウ糖などをバランスよく配合しています。青リンゴ味のグミタイプは、おやつ感覚で食べられるので子どもにも◎。

レシチンの詳細はこちら>>

オメガ3(DHA・EPA)

オメガ3とは、DHA・EPA・αリノレン酸などを代表とする不飽和脂肪酸の総称。オメガ3を摂取すると脳機能が活性化され、情報伝達がスムーズになるという効果があります。脳内のオメガ3が不足すると情報伝達に支障が出て、記憶力や学習能力の低下が見られることもあります。

発達障害の栄養療法に役立つオメガ3サプリ・ゾーンオメガアールエックス
引用元:株式会社ドクターシアーズ・ゾーン社公式HP
(http://littlezonemama.com/omegarx.html)

公式HPはこちら>>

商品名(販売元) ゾーンオメガアールエックス
(株式会社ドクターシアーズ・ゾーン社)
価格・内容量 10,584円(税込)・120粒
特徴 高純度・高品質のフィッシュオイルを使用したサプリメント。100%天然由来で、安心・安全に利用できます。EPA・DHAの含有量は、1日の摂取目安量4粒あたりEPA800㎎・DHA400㎎。

オメガ3の詳細はこちら>>

春ウコン

近年、発達障害の治療効果が注目されている春ウコン。主な有効成分にはセスキテルペンなどの精油がありますが、これらの精油は血液脳関門を通過して脳の血流を改善、不安や恐怖などの感情を司る偏桃体を調整する働きがあるとされています。

発達障害の改善に役立つサプリ・屋久島春ウコン粒

公式HPはこちら>>

商品名(販売元) 屋久島春ウコン粒(有限会社ヤマノ)
価格・内容量 3,800円(税込/税抜不明)・600粒
特徴 除草剤などの農薬・化学肥料を用いず、無農薬栽培にこだわった屋久島の春ウコンを粉末にしたサプリメント。春ウコンの有効成分であるクルクミンのほか、精油成分・ミネラルを豊富に含んでいます。

春ウコンの詳細はこちら>>

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスに含まれる有効成分は、フラボノイドとギンコライド。これらの成分には血流を改善する働きがあり、とくに脳や毛細血管の血流が促進。認知症・高血圧・神経痛・冷え性・アレルギー・花粉症などさまざまな症状の改善に効果があるとされています。

発達障害の改善に役立つサプリ・リラクミンプレミアム
引用元:株式会社リラクルHP
(https://relacul.jp/products/r-premium/)

公式HPはこちら>>

商品名(販売元) リラクミンプレミアム(株式会社リラクル)
価格・内容量 8,640円(税込)・150粒
特徴 セロトニンを補うための天然ハーブ素材に、ラフマ葉エキス・ギャバ・クワンソウ・イチョウ葉エキスなどを配合。さらに、脳機能の向上に嬉しいα-GPC・DHA・EPAも配合しています。

イチョウ葉エキスの詳細はこちら>>

GABA(ギャバ)

GABA(ギャバ)は天然アミノ酸の1種で、人体では脳や脊髄に多く存在しています。主に抑制系の神経伝達物質として働き、ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑制。神経の興奮を鎮めたり気持ちを落ち着かせ、リラックス状態をもたらすという役割を果たしています。

発達障害の改善に役立つサプリ・ワカサプリギャバ
引用元:株式会社 分子生理化学研究所公式HP
(http://www.wakasapri.com/gaba/)

公式HPはこちら>>

商品名(販売元) ワカサプリ(株式会社 分子生理化学研究所)
価格・内容量 6,048円(税込)・90粒
特徴 厳選された二条大麦エキスに特別な乳酸菌を加えて作られた「大麦乳酸発酵液ギャバ」を使用したサプリメント。ベースとなるオイルはエキストラバージンオイル、動物性成分を含まない植物性ソフトカプセルを使用しています。

GABAの詳細はこちら>>

ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリンは、細胞膜に含まれるリン脂質の1種。脳内の情報伝達・血流改善に対して重要な働きをしており、脳細胞内外の物質の流れをスムーズにして老廃物の排出を促進。脳細胞の働きを活性化し、認知症・記憶障害・集中力・記憶力などの向上に効果を発揮します。

ホスファチジルセリンを含むナチュレサプリを紹介

公式HPはこちら>>

商品名(販売元) DHA&EPA&ホスファチジルセリン&レシチン
(ナチュレサプリメント)
価格・内容量 5,524円(税抜)・90カプセル
特徴 摂取目安量3粒の中に、ホスファチジルセリン120㎎を含有。さらに、ホスファチジルセリンと相性のよいDHA・EPA・レシチンを含んでいます。成分の酸化を防ぐための窒素充填ハードカプセル仕様、酸化防止としてビタミンEも配合しています。

ホスファチジルセリンの詳細はこちら>>

栄養療法による症状の回復事例

集中力や記憶力が徐々に回復しています
忘れ物が多い・落ち着きがない・集中できる時間が短いなど、典型的なADHDな症状に悩まされていました。検査を受けたところビタミンB・鉄などの欠乏症状が見られ、何かよい治療法はないかと探していたところ栄養療法がいいと勧められました。
不足する栄養素を補給するサプリメントを数ヵ月間飲んでみたところ、集中力や記憶力の向上が見られるようになったんです。食事の後にすぐ眠くならなくなりましたし、何かで落ち込んでも回復するのが早くなって助かっています。
情緒が安定し始め、とても助かっています
すぐにイライラして感情的になったり、好き嫌いが激しい子どもに対して栄養療法を取り入れています。検査によると、脳の発達に不可欠なたんぱく質・ビタミンなどが欠乏しているとのことで、それらを補うサプリメントを摂ることに専念し、食事の内容にも気を付けています。
少しずつではありますが、子どもの行動に変化が見られるようになり、イライラして感情を爆発させることが少なくなったんです。これだけでも今は大きな進歩ですので、今後も栄養療法を続け、症状の改善と健やかな発達を助けていきたいと思います。

栄養療法が症状緩和への近道

発達障害には、療育・漢方療法・薬物療法など、数多くの緩和方法がありますが、その中でも栄養療法は効果的だとされています。しかし、日常の食事から必要な栄養素を取り入れるのは難しいもの。中には食事から摂ることが不可能な栄養素もあり、効率よく摂り入れるには、その栄養素が多く含まれているサプリメントを飲むことが、症状を緩和させるための近道なのです。

また、発達障害が疑われる場合には、できるだけ早い段階で栄養療法を取り入れることで、緩和効果が高いとされています。なかでも糖鎖やレシチンは、脳の情報伝達をスムーズにし、記憶力や学習能力を高める栄養素として重要な役割を果たしています。身体や心の成長、脳の発達のためにも積極的に摂ることが大切です。

【免責事項】当サイトの掲載情報は2016年4月時点のものです。詳しいサプリメント情報を知りたい方は、各HPにてご確認ください。

PAGE TOP