HOME » 子供の発達障害の治療・療育 » GABA(ギャバ)

GABA(ギャバ)

心の落ち着きやリラックス効果を持つ成分、GABA(ギャバ)についての情報をまとめました。

GABA(ギャバ)とは

GABA(ギャバ)とは、Gamma Amino Butyric Acidの略称で天然アミノ酸の1種。玄米・野菜などの植物に含まれているもので、人間の体内ではとくに脳や脊髄に多く存在しています。

GABAは1950年に哺乳類の脳から抽出された物質で、研究ののちに中枢神経で働く神経伝達物質であることが判明。1961年にはGABAを主成分とした医薬品が承認され、1984年からはサプリメント・食品などへの利用でGABAが一般的に認知されるようになりました。

GABAの働きや脳への効果

アミノ酸はたんぱく質の構成成分として知られていますが、GABAの働き・効果はそれらとは異なります。脳や脊髄で主に抑制系の神経伝達物質として働き、ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑制。神経の興奮を鎮めたり気持ちを落ち着かせ、リラックス状態をもたらすという役割を果たしているのです。

脳内のGABAが少なくなるとちょっとしたことでイライラしたり感情的になり、精神的な緊張感が持続。メンタルの乱れから、睡眠障害・自律神経失調症・うつ病・更年期障害といった症状の引き金となることもあります。実際、パニック障害や不安状態にある人の脳を調べたところ、GABAの量が著しく減少していたという報告もあります。

症状の回復事例

2006年に発売された雑誌「脳と開発」に掲載された記事によると、ADHD(注意欠如多動性障害)の男性3名に強化GABAサプリメントを服用してもらったところ、多動性・衝動性に大きな改善効果が見られたという報告があります。

GABAを効率よく摂取できるサプリ

GABAは、発芽玄米・トマト・かぼちゃ・メロンなどの野菜や果物、漬物・キムチなどの発酵食品に多く含まれています。摂取量の目安は1回30㎎、ストレス軽減・精神安定などの効果を実感したい場合は50~100㎎の摂取が目安。食品やサプリメント等を利用して、毎日継続して摂取しましょう。

商品名 ワカサプリ GABA(ギャバ)_ワカサプリ
引用元:株式会社 分子生理化学研究所公式HP
(http://www.wakasapri.com/gaba/)

公式HPはこちら

販売元 株式会社分子生理化学研究所
内容量・価格 6,048円/90粒
主な成分 エキストラバージンオリーブオイル、デンプン、大麦乳酸菌発酵液ギャバ、グリセリン、ミツロウ、ゲル化剤(カラギナン)
特徴 厳選された二条大麦エキスに特別な乳酸菌を加えて作られた「大麦乳酸発酵液ギャバ」を使用したサプリ。ベースとなるオイルはエキストラバージンオイル、動物性成分を含まない植物性ソフトカプセルを使用しています。
口コミ なし

【免責事項】当サイトの掲載情報は2016年4月時点のものです。詳しいサプリメント情報を知りたい方は、各HPにてご確認ください。

PAGE TOP