HOME » 子供の発達障害とは » どんな症状なの?

どんな症状なの?

学習障害・注意欠如多動性障害(ADHD)など、発達障害と呼ばれるものの種類と詳しい症状についてまとめました。

発達障害の症状と種類

発達障害者支援法の定義によれば、発達障害とは「自閉症・アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」となっています。

発達障害とひと口に言ってもその症状はさまざまで個人差も大きく、一見してそれと分かりづらいこともあります。人によっては複数の障害が同時に発生している場合もあるため、それぞれの症状をしっかり把握しておくようにしましょう。

学習障害(LD)

知能の発達に大きな遅れは見られませんが、漢字を読めない・字を書けない・話すことができない・計算ができない・推論することができないなど、特定の行動が困難な障害のことです。脳の中枢神経系の障害が原因とされており、しつけや環境によるものではありません。

学習障害(LD)について詳しくみる>>

注意欠如・多動性障害(ADHD)

注意欠如・多動性障害(ADHD)とは、主に以下の3つの要素が見られる障害を指します。

  • 不注意:集中力がない、気が散りやすい、ケアレスミスが多い、忘れっぽい
  • 多動性:落ち着きがない、じっとしていられない、過度なおしゃべり
  • 衝動性:順番を待つのが難しい、考える前に行動する、人の行動を遮る

ADHDについて詳しくみる>>

高機能自閉症

高機能自閉症とは、知能の遅れを伴わない自閉症のこと。一般的な自閉症に比べると知能が高く言語能力も十分にあるように思われますが、人とのコミュニケーションがうまくいかない・こだわり行動・言葉の使い方を間違える、などの行動面に障害が見られます。

高機能自閉症について詳しくみる>>

アスペルガー症候群

自閉症の中でも知能や言語の発達に遅れを伴わないもので、高機能自閉症とともに広汎性発達障害に分類されています。知能の低下が見られないため周囲からは気づかれにくいですが、言葉やジェスチャーを使ってのコミュニケーションがうまく取れない・相手の気持ちを察することができない・空気を読めない、などの症状が見られます。

アスペルガー症候群について詳しくみる>>

トゥレット症候群

トゥレット症候群とは、多種類の運動チックと1つ以上の音声チックが1年以上にわたって見られる障害。運動チックに見られるのは、まばたき・頭を左右に振る・首を伸ばす・肩をすくめる・口を開けるなどの行動。音声チックとは、咳払い・鼻をならす・奇声を発するなどの症状で、不謹慎な言葉や卑猥な言葉を無意識に言ってしまうこともあります。

トゥレット症候群について詳しくみる>>

吃音症

吃音とは、一般的に「どもり」と言われている話し方の障害。言いたいことがあってもなかなか言葉に出せず、同じ言葉を繰り返してしまったり・一時的に無音状態に陥るなどで、流ちょうに会話をするのが難しい状態です。

吃音症について詳しくみる>>

年齢別にみる発達障害の具体的な症状

年齢ごとに、発達障害に見られる症状を具体的にご紹介しています。ただし、発達障害にはさまざまな症状があり個人差も大きいものなので、ひとつの参考としてご覧ください。

0~2歳児

  • 視線が合わない:0~2歳くらいの子どもは声をかけると振り向いたり視線を合わせたりしますが、発達障害の場合そういった行動が見られません。
  • 指差しをしない:小さな子どもは言葉がうまく出ない代わりに指差しで意思を表しますが、発達障害の子は人の手を掴んで物を取らせようとしたり、何かをさせようとすることがあります。
  • 泣かない:おむつが濡れていたり・お腹がすいていたり・1人きりにされても泣くことが少ないです。手がかからない子どもと称されがち。
  • 人見知りをしない:生後9ヵ月を過ぎても人見知りをしないことがあります。
  • 歩き始める時期が遅い:子どもは1歳になる頃から歩行ができるようになりますが、1歳3ヵ月(生後15ヵ月)くらいになっても歩けず、2歳を過ぎてもバランス歩行ができないことがあります。

3~6歳

  • 言葉の発達が遅い:3歳を過ぎても意味のある話し言葉がほとんど出なかったり、単語しか言えないケースがあります。
  • 強いこだわり:特定の物に強い興味を持ち、執着する傾向が見られます。
  • 偏食:こだわり行動の1つであり、同じ食べ物ばかりを食べ続けたり、同じメーカーのものしか食べないなどの執着を見せます。
  • 落ち着きがない:じっとしていることができず、意味もなく走り回ったりします(多動)。
  • チック症状:頻繁にまばたきをする・首を振る・肩をすくめる・鼻をならす・咳払いをするなどのチック症状が見られることもあります。
  • パニック:不安や恐怖を感じると、泣きさけんだり激しく暴れることがあります。一度興奮すると、しばらくおさまらないのが特徴です。

【免責事項】当サイトの掲載情報は2016年4月時点のものです。詳しいサプリメント情報を知りたい方は、各HPにてご確認ください。

PAGE TOP