HOME » 子供の発達障害とは » 子供の発達障害に対する悩みを相談できる施設一覧

子供の発達障害に対する悩みを相談できる施設一覧

子どもの発達障害について相談できる施設をご紹介しています。

子どもの発達障害の相談先

「子どもが発達障害かもしれない」と感じて不安に思っているとき、どこに相談をしたらいいのでしょうか?発達障害に関する相談の受付先には、以下のようなものが挙げられます。ひとりで悩んだりせず、どんなに小さなことでもまずは専門家に相談するようにしてください。

相談をする前には、まず子どもの生育状況についてまとめておくとよいでしょう。子どもが生まれてからの様子・歩行や言葉を話し始めた時期・不安に思っている行動などです。また、自分自身が聞きたいことも具体的にメモしておくと、頭が整理されてじっくりと相談ができるようになります。

発達障害者支援センター

発達障害者支援センターとは、発達障害を持つ人の総合的な支援を目的とした施設。発達障害者支援法に基づいて設置されている施設で、都道府県・指定都市やそれらが指定した社会福祉法人・特定非営利活動法人が運営しています。

発達障害者の支援とありますが、またハッキリと診断されていない・不安に思う症状があるといった保護者の相談にも対応。臨床心理士・社会福祉士などの専門家が相談内容に応じてアドバイスを行ったり、医療機関・福祉制度などの紹介なども行っています。発達障害者支援センターでの相談は、対面・電話いずれも無料、秘密厳守となっているので安心です。

市町村保健センター

市町村保健センターとは、地域保健法に基づいて市町村が設置している施設。主に母子保健・老人保健の業務を担っています。ちなみに名称は子育て支援センター・福祉保健センター・児童福祉課など自治体によって名称は異なりますが、業務内容は同様です。

市町村保健センターでも、子どもの発達や言葉の不安に対する相談を受け付けています。相談は予約制であることが多いので、前もってホームページや電話などで確認しておくとよいでしょう。

子育て支援センター

子育て支援センターとは、厚生労働省の通達である「特別保育事業の実施について」に基づく施設。地域の自治体や、民間委託された企業が運営しています。子育て支援センターでは子育て全般の不安・悩み相談を受け付けており、発達に関する相談ももちろん可能。地域の子育てサークル等の支援も行っており、発達障害の子どもと保護者が参加するサークルを紹介してくれることもあります。

児童相談所

児童相談所とは、児童福祉法に基づいて都道府県・政令指定都市・中核市に設置されている施設です。児童相談所では0~17歳の子どもを対象に、保険相談・育成相談・心身障害相談を実施。必要に応じて発達検査を行うこともあり、医師・保健師・児童福祉士・言語聴覚士などの専門家からのアドバイスももらえます。

小児科

小児科というと治療や予防接種というイメージですが、子どもの発育に関する相談にも乗ってくれます。子どもを小さいころから診てもらっているかかりつけの医師であれば比較的話もしやすいので、気軽に相談してみるとよいでしょう。より専門的な医療機関や保健センターなどを紹介してくれることもあるので、心強いですよ。

【免責事項】当サイトの掲載情報は2016年4月時点のものです。詳しいサプリメント情報を知りたい方は、各HPにてご確認ください。

PAGE TOP